忍者ブログ
広島 カープ
1 2
[  07/16  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 優勝するチームには優秀な正捕手がいるもの。

 昨年のカープの捕手は倉と石原が併用され、今年もまだその状況に大きな変化はなさそう。

 その競争に名乗りを挙げたのが、新人の中東。ブラウン監督から「ノミ」と名づけられたように俊足、そして強肩が持ち味。

 外野手として入団したが、首脳陣はむしろ捕手として評価していたよう。

 かつて、楽天監督、野村克也氏が著書で「捕手をやっていると脚の速い選手も遅くなる」と語っていたのが気になるが、彼が正捕手の座に着くのであれば、今年最大のサプライズといえる。

 一方、今年のカープのサプライズになりえるもう一人の選手が、ナックルボーラーのフェルナンデス。

 先日のオープン戦では内容、結果ともによくなかったようだが、やはり問題は守備を含めた部分で、日本球界のいやらしさに対応できるかどうかという点。

 体型などを見るかぎり、かなり難しいように思うが、化ける可能性は持っているだけに今後も声援を送りたい。
PR
 広島東洋カープ、今年は先発投手陣はコマが増え、楽しみであるが、近年の野球においてより重要なものになってきた中継ぎ、抑えのピッチャーはどうだろうか。

 昨年は永川が抑えとして定着し、今年も期待がかかる。

 それにつなぐ役割として、昨年は林や広池が頑張ったが、今年は更なるスケールアップが必要とされる。

 楽しみなのは河内と新人の上野。

 左の河内はいうまでもなく、ブラウンが強行指名したほどの、噂にたがわぬ実力を上野が発揮できれば、大きな戦力になることは間違いない。

 抑えの永川とこの2人でカープの勝利の方程式を形成すれば、場面によって使い分け、相乗効果も期待できる。

 広島東洋カープ、毎年の課題であった投手陣。

 昨年はチーム防御率が3点台と改善された。

 そして、今年は即戦力投手の獲得や若手の成長も見込まれ、更なる向上が期待される。

 そして、それを裏付ける事実として、昨年は比較的簡単に決まったローテーションも、今年はエースの黒田を別格としても多士済々で、その中から選択するのは一苦労。

 それ故に競争も激しくなり、チーム力の向上にもつながるだろう。

 黒田に続く投手としてはまず、昨年も活躍したダグラスの名前が挙がると思う。

 そしてそれに続くピッチャーとしては昨年、大竹の名前が挙がったが、今年入った即戦力ルーキーの宮崎も期待を裏切らない器のようで、この2人が3番手を争う感じか。

 長年カープに、求められてきたのが左の先発投手。

 今年は斉藤、大島、小島の若手にルーキーのぺローンこと青木が加わり、この中から2人出てくると投手陣は大変頼もしいものになるだろう。

 ベテランも高橋健や小山田、長谷川など先発にチャレンジする投手がいる。

 そして忘れてはならないのが、昨年復活を果たした佐々岡の存在。

 枠は限られたものになるが、実績がある選手ばかりだけに楽しみである。

 一昨年、11年振りに広島東洋カープへと舞い戻ってきたマーティーブラウン。

 アメリカでつちかった野球理論はチームに変革の風を巻き起こし、彼のパフォーマンスはペナントレースでの戦いだけにとどまらず、球場以外での利益も生み出している。

 またその情熱はフロントをも動かし、社会人ドラフトでの3人の即戦力投手の獲得にもいたった。

 そして、ノロウイルスの風評被害に苦しむ広島カキのPRにとどまらず、鳥インフルエンザの影響が懸念される宮崎の地鶏にも人肌脱ぐ光景は彼の人間性を感じさせるものだった。
 
 黒田投手の残留によって、士気が高まったこともあり、マーティがよりカリスマ性を発揮していけば、カープに勢いが生まれ、戦力以上の力を発揮し、今シーズンの成績にも反映されるだろう。

 残留してくれた黒田投手に報いるためためだけにだはなく、この素晴らしき指揮官を後押しするためにも、今シーズンは球場を盛り上げていかなければならないと思うのは、私だけだろうか。
 我らが広島東洋カープ、最近はTVの放映権や入場料収入以外にも、グッズの販売などに力をいれて、収益に結び付けているようで、大変すばらしいことであると思います。

 ひとつひとうのカープグッズがアイデアにあふれ、工夫があり、これからもどんどん続けてもらいたいと思います。

 そしてこれからはそれに加え、熱狂的なカープファンだけではなく、ライトなカープファンも球場に足を運びたいと思うような、野球以外の魅力があれば、観客も増えてグッズの売り上げも伸び、相乗効果があるのではないでしょうか。

 例えば、球場に広島の有名なラーメンやお好み焼きの店の支店を出したり、試合が始まる前に遊べるような施設、バッティングセンターや野球関係の遊技場があれば、足を運びたいと思う人も増えるでしょう。

 もちろん費用対効果という問題もありますが、幸いにも、新球場の建設が控えています。

 この機会を有効に使い、球団や球団以外の人間が頭をつかい、野球観戦というソフト以外に、他の魅力的なソフトを有していれば、自ずと観客動員も増えていくでしょう。
 近年、投手陣に問題を抱えてきた我らが広島東洋カープ。

 しかし今年は、即戦力の呼び声高い3選手が社会人ドラフトを経て入団しました。

 カープが長年悩まされてきた左腕不足も、若手の名前が4人も5人も挙がります。

 そして、今も記憶に新しい、エース黒田投手のカープ残留。

 これから、広島東洋カープが投手王国を築いていくことも決して不可能ではないでしょう。

 しかし、そのためには柱となる選手がいないといけないことは言うまでもないでしょう。

 黒田投手が残留してくれたとはいえ、32歳という年齢を考えれば、5年10年と大きな期待をかけるのは酷というもの。

 次代を担う選手の出現が待たれます。

 そんななか、最近カープの投手陣のなかで、評価がうなぎのぼりなのが、高校生ドラフト1巡目の前田健太投手。

 まだ1軍の体にはないということですが、今後10年以上カープを引っ張っていってくれそうな選手。

 PL学園出身ということで、桑田2世という呼び声もあり、この時期にここまで名前の挙がった高卒ルーキーは記憶になく、ほんとに楽しみな投手であります。
 今日から始まりました「広島東洋カープの部屋」

 このブログの趣旨は、広島東洋カープと選手を応援し、そしてあまりお金持ちとはいえない広島東洋カープの収益につながるよう情報をファンの方にお届けし、広島東洋カープの利益になる提言をしていきたいと思います。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(02/28)
(02/26)
(02/25)
(02/25)
(02/25)
(02/24)
(02/24)
(02/24)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(02/22)
(02/21)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/22)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/24)
アクセス解析

忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.